独立してフリーランスとして働く上での心構え

会社勤めから独立し、フリーランスとして食べていくためには、まず一定期間分の生活費が必要になります。理由としては独立したての段階で安定して案件を確保し、こなしていくのは難しいからです。もちろん、業種や利用するプラットフォームによって従事人口も変わりますので、案件確保の難度は変わります。

しかし、どのような業種、プラットフォームであったとしても、独立したての人間は、その仕事をしてきた人間より信用面で大きく劣ります。IT関連の技術が求められる業務はなおさらです。企業などから信用の厚い人間に追いつくためには、数ヶ月から1年程は単価が低く競争率の高い案件をこなしていき、自らのスキルに対する信用を積んでいく必要があるのです。

ただ、それらの案件は前述の通り競争率の高さ故に安定した受注は難しいです。このことから、先ず必要なものとして最低でも数ヶ月分の生活費は必要となるでしょう。
次に必要な心構えですが、まず前提として1年ほどは生活は安定しないと思っていたほうがよいでしょう。

単価が高い案件を確保するためには、ある程度の期間が必要となります。単価の高い案件を取れるようになるまでは、苦しい生活が続く可能性があります。
また、最初の方は自らのスキルを否定されるような場面もあるかもしれません。そのような苦しい場面を前にしても、負けずに案件を取り仕事をこなし続けられるような強いメンタルも持ち合わせている必要があります。