フリーランスには企業勤めよりも魅力がある

エンジニアにとってフリーランスには企業勤めよりも魅力があるのかというのは、よく疑問に思われている点です。仕事やワークライフバランスに対する考え方によってどちらの方が魅力が大きいかは異なりますが、フリーランスには企業勤めよりも優れているポイントがたくさんあります。

フリーランスと企業勤めで最も大きく異なるのは、使役される関係があるかどうかです。企業勤めの場合には使用される立場なので、拘束が多くなっています。
しかし、フリーランスは事業主になるので使役されることはありません。この結果として仕事の選び方や時間に自由が生まれるのがフリーランスエンジニアになるメリットです。

フリーランスの場合は、仕事を自由に選べるのが特徴です。企業勤めの場合には与えられた仕事をこなしていく必要があり、選択権がない場合が多いでしょう。どのような仕事をしたとしても給料は同じで、成果を上げれば昇給が得られて将来的には給与が増えるという程度です。
しかし、フリーランスエンジニアは仕事の内容に応じて報酬額が納得できるかどうかも考えて選ぶことができます。

また、請負案件を選べばフリーランスエンジニアは時間を拘束されない働き方もできます。会社勤めのように何時から何時まで働かなければならないという就業規則がないからです。
そのため、仕事の取り方次第で自由にワークライフバランスを決められます。仕事とプライベートのバランスを変えながら働いていけるのは大きな魅力です。